2017年07月24日

記念すべく1日

総合武道選手権、30年目を迎えた記念すべく大会で、記録を創った。


統以

高校生でありながら一般有段者の山の天辺にたった

それだけではない。
一般小太刀道の天辺も制覇。


凄い!!


まさしく修練の賜物


後に続く後輩たちの目標になったでしょう


11月のモスクワで開催される世界選手権に弾みがついたなぁ………………
posted by ささ at 06:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

パワーフレーズ

明治維新のサムライたちは敵味方に別れて決戦したけれど、武士の信念と守るものをしっかり持って戦いに挑んだ姿は日本人の鏡


新しい日本を創ろうと立ち上がった若い武士。


サムライの義を守ろうと戦いに挑んだ若い武士。


函館の最後の決戦で大勢の若者の死んだ。
明治政府を創ったサムライは


君たちを殺すつもりはなかった。日本の新しい明日を目指したい一念だった………………すまない!


そして………

最後の最後まで戦い抜いた土方歳三。


その語録は数多く残っている。


土方歳三が局長・近藤勇に発した言葉をほんの最近、私の門弟から言われて………………
泣いた…………………


勇さん!
あんたはここにどっかと座ってるだけでいいんだ!
座ってるだけで隊士たち士気が上がるんだから………………………
近藤勇に置き換え、私にくれた有難い言葉に感激です。


足掛け8ヶ月の入院で身も心も堕ちた私には何よりのパワーフレーズ

そして……………

涼しくなってから近くのコンビニまで用事がてらの散歩の帰り足


先生!って呼ぶ声に振り向けば、

まとめとおかぁさん!
私のよたよた歩く姿が見つかっちゃいました。
久しぶりにまとめの元気な姿を見られて良かったなぁ

もうすぐ、一緒に空手できるよ!
posted by ささ at 18:03| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親父

ちゃん

お父さん

おとん

親父


息子が私を呼ぶ時の名前です。


親父って響きにどうにか慣れてきた

私もかつての恩師をおやっさんだったり、親父って呼んでいる


お・や・じ
私は尊敬と崇拝の意味込めて呼ぶ……………

空手という茨の道で迷ったり、悩んだりした時に優しく手を差し出してくれたのが、親父……………

そんな親父が明日30年の記念大会。
記念すべく大事な大会を私は喜んで祝って上げようって
posted by ささ at 10:10| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

手強い相手

多発性筋炎


手強い相手だったなぁ

これからも付き合いを断ち切れない手強い奴


体調がガクンと堕ちてから足掛け8ヶ月の入院生活。


闘病に入るまでには、さかのぼること、1年前娘と毎年の初詣だった。500mも歩けず、息が切れた

とぉちゃん!オカシイよ。病院に行こう


ただの疲れではなかった。だが、私はなんとかなると思いこんだ愚かさ。


半年が過ぎた頃、バスの乗り降りが困難になり、やがて立ち上がり困難になり、ベッドからの起き上がりも出来なくなって行った。


心筋梗塞?

肝臓疾患?

膠原病?


キンジストロフィ?


パーキンソン病?


疑いがどんどん拡がり不安が募るばかり



調べれば、調べるほど絶望的になって行った。もうその頃には介護3を評価され、私は寝たきりになっていた。毎日、毎日、昨日出来た事が今日は出来なくなる恐怖と向きあい絶望的になって行った。介護する家族の負担を目の当たりに体験した。家族の苦労は生涯忘れない。介護された私は、世話を掛けた感謝を生涯忘れない。

もぐら叩きのように検査を繰り返し、筋肉生研して病名が判明したのは3週間。
延べ時間で2ヶ月だった。


そして………………


いま、やっと卒業の目処がたった


希望と夢と不安が混じり複雑だ………………
posted by ささ at 13:01| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

………

卒業


仰げば尊としと………

思えば、足掛かけ8ヶ月の時間が経った


来月には………

来週には………


明日こそは……………
って、時は過ぎたけれど、経過した時間は無駄ではなかった。


病は私のこれまでの生活の総括とこれからの夢と希望をくれた…………………

いい加減はいい…加減に変化し、ガサツな生活に計画的な生活をしろと教えてくれた。


医療の進歩に助けられ、看護師さんの手厚い看護に感謝し、リハビリの辛さや苦しさから、仲間たちから元気と勇気をもらった貴重な時間だった。


ここで長く生活をして入れば全てにおいてバリアフリーだから安全に生活出来て不自由さは感じない。



だからといって、ここに永住できる訳じゃない。


卒業してまた、元の何気ない生活に戻りたい。
posted by ささ at 17:40| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

無外流

居合い道・無外流


新撰組・三番組・隊長

斉藤一


何度も姓名を変え、その素性は謎だらけ。るろうに剣心のモデルとも言われ、剣は達人。流派は一刀流と言われているが、無外流とも言われた。左利きの剣士であり、素早く出る突きは相手にとっても避けられない必殺技……………………
新撰組での活躍は知られているが、明治維新後も警視庁の警部補までになった男。
警視庁の密偵とも言われたが定かではない


私はその無外流に憧れて、ほんの僅な期間だったけれど、修行をしたことがある。


無外流の極意は皮一枚、筋一本を居合いで絶ちきる。

一刀流の峰打ちは無外流にはありません。


その技の凄さに憧れた。


大病した今は刀一本持てない握力になったが、きっといつの日か刀が握れるようになったら、空手の道と同じように極めてみたい…………………
posted by ささ at 12:59| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

海の日

海の日


全国のあちらこちらの海水浴場の海開き


子どもたちは楽しみにしています


南三陸の志津川…………


東日本震災から7年かかったけれど


今日……………蘇りました


本当に良かったなぁ



私の頭中には震災後の光景が思い出されるけれど、また、あのきれいな美しい浜が戻って良かったなぁ


故郷の浜が蘇り、私も蘇ります。

これからです
posted by ささ at 07:49| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

古今無双

170626_2238~01.jpg
我が家の三男坊・テトの進

相変わらず、あんちゃんのご飯まで食べてます。
おとなしいあんちゃんのハルの介は…………

俺のご飯食べるなぁ〜〜!って言わないのです

黙って見ています。


殺伐な事件が多すぎです。
人の命はそんなに軽いのですか?

普通の人が普通に事件を起こす世の中です。

えっ〜!
あの人が〜!って


道徳心が薄れ行くこの世の中に


どうか


古今無双であって
posted by ささ at 06:14| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

まずは・・・・・

介護3の状態で緊急入院して今月で足掛け8ヶ月の時が経った。
劇的な回復だと評価されたが、これからの生活に不安がある・・・・・・・・
昨日、退院後の生活を維持させるためのケアの話し合いをした。


まずは、一区切りってところか


自分の体が自由にならず、握力0の世界を見て、地球の重力を肌で感じた8ヶ月だったなぁ……………

そして………………


これからはCK値と上手く付き合いながら生きてやろってか………………
posted by ささ at 09:40| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

自己犠牲

記事を書くとき、ふっと思い出した。自分勝手なこの世の中には、自己犠牲で何かを守ってる話をあまり聞かない。人のためだと言う偉い人たちの行動・言動を見てみても自己保身の話ばかり・・・・・・・・・
もうウンザリ。
日本が変わる維新・・・・・・・あの新撰組で一番強かったと言われた伝説の男のことを思い出した・・・・・・・・

男の名は、吉村貫一郎

永倉新八初め、土方歳三すら認めるサムライ。
南部藩の下級武士で貧しから愛する家族を守ろうと脱藩し、新撰組に入隊するのである。脱藩は武士として不義に当たる。大罪である。だが、吉村は守銭奴と揶揄されても岩手県雫石の家族に仕送りをし続けて家族を守った。自己犠牲の姿に涙が止まらない。
壬生義士伝の一説です。


自身の確固たる信念を持ち、サムライとして義を通した姿は感動する。


文明・文化が進んでも人として恥ずかしい行動・言動はしたくない・・・・・・・・・・高学歴が有りながら、この〜ハゲーって言ってたあの人は・・・・・・・・・どこに?
まだ、国民のための議員立法の仕事をまだ、続けるつもりでしょうか?
posted by ささ at 06:47| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする